探究心を育む、新しい学童保育 アフタースクールワイズ

ホーム > アフタースクールワイズとは

アフタースクールワイズとは

子どもたちの「探究心」を育む、
新しい学童保育

アフタースクールワイズは、お子さまを安全にお預かりし、お子さまに「学びと生活」を融合させたオリジナルの放課後環境をご提供いたします。保護者様に安心をお届けするために、各種のセキュリティシステムをはじめ、二重三重の対策を施しております。

放課後の学び

アフタースクールワイズでの放課後の学びは、大きく分けて
①「学校の学習内容をしっかり定着させること」と
②「学校ではなかなかできない学びを体験すること」の二つがあります。

①「学校の学習内容をしっかり定着させること」の基本は、宿題をしっかり仕上げることにつきます。例えば、小学校の低学年では、国語の音読の宿題が必ず出ます。音読は言語学習のしっかりとした基礎を作る重要なトレーニングです。アフタースクールワイズでは、チューターがお子さま一人ひとりの音読に寄り添い、大きな声で、はっきりと、抑揚をつけて、気持ちを込めて、すらすらと音読ができるように指導します。また、学校で学ぶカリキュラムのさらなる定着と発展を行うプログラム(読み書き計算の基礎強化、Z会通信教育等)もご用意しております。

②「学校ではなかなかできない学びを体験すること」については、学校ではカリキュラムにないプログラム(英語の4技能、科学実験、プログラミング、フラッシュ暗算等)をご用意しております。水泳やピアノ等の習い事には、チューターが教室までお送りします。また、長期休暇期間には、大自然の中で行うキャンプ(探究キャンプ)や社会科見学をかねた遠足(探究トリップ)もあり、お子さまに大きな成長機会を提供します。

上記のアフタースクールワイズ内で受講できるプログラムのことを「探究クラス」と呼んでおります。これは、子どもたちが多彩なプログラムを体験する中で、さらに自ら学びを深めていこうとする探究心を育みたい、という想いをこめています。未来のリーダーたちの「学びのきっかけ」を創りたいと考えています。

英語とプログラミング

2020年に予定されている学習指導要領の改訂により、小学校の英語は、中学年より「外国語活動」、高学年より「外国語科」が始まります。中学入試で英語科の導入も進んでいます。また、大学入試の改革により、英語の4スキルズ(話す・聞く・読む・書く)をバランスよく伸ばしていくことが求められます。加えて、プログラミング教育も必修化される予定です。
私たちも、グローバル化がさらに進み、AIやロボットの発展が進む社会を、子どもたちがそれらに翻弄されることなく主体的に生きていくために、英語とプログラミングは重要なリテラシーであり、その素養を幼少期に育むことが必要だと考えています。

「学びと生活」を融合した
オリジナルの放課後環境

お子さまが放課後と長期休暇を過ごす場となるアフタースクールは、
お子さまの成長にとって重要な場であり、貴重な時間となります。
アフタースクールワイズはその時間価値を最大化するために、
オリジナルの「プログラム」と「コミュニティ」をご提供いたします。

  学校で学ぶ内容 学校で学ばない内容
英語 英語以外
応用 Z会の通信教育
スタディーサポート
アクティブ
イングリッシュ
プログラミング
基礎 3R’s レプトン そろタッチ

サイエンス

①探究心を育む「プログラム」
子どもたちの好奇心を刺激し、探究心を育むプログラムとして「探究講座」をご用意しております。探究講座は、スクール内で行う「探究クラス」スクール外に学びの場を求める「探究トリップ」宿泊も含めて行う「探究キャンプ」から構成されております。長期休暇時は、日替りのスペシャルプログラムがあり季節ごとのイベントもご用意しています。

②自立心と自律心を育む小さな「コミュニティ」
アフタースクールワイズでの放課後は、他の学校や他学年の子どもたちと過ごすため、学校や家庭よりも多様性のあるコミュニティが形成されます。そのコミュニティの主役は、もちろん子どもたちです。そのコミュニティをより良くするために、子どもの中から選ばれた「ワイズリーダー」が中心となり、「ワイズ」タイムで、子どもたち同士でコミュニケーションをとり、課題解決を行います。そういった中で、「自分のことは自分でする」「するべきことを人に言われてするのではなく、自分から進んでする」「友達の気持ちを考えて発言・行動する」「友達と一緒に協力する」といった「自立心」と「自律心」が育まれていきます。こういった子どもたちの活動が安全に行われるように見守る立場として、チューターが存在しています。

探究心を育む「プログラム」と自立心と自律心を育む
「コミュニティ」の構想背景

変化の激しい21世紀を生き抜いていくために、文部科学省は「生きる力」(確かな学力・豊かな人間性・健康と体力)を提唱しています。その中の「確かな学力」は「思考力・判断力・表現力」「知識・技能」「学習に取り組む意欲」構成されております。私たちは、小学校生活の中で「生きる力」を身につけていくことを大切だと考えており、アフタースクールワイズのご提供する放課後環境(プログラムとコミュニティ)は、それのさらなる拡張と増進を目的としております。

アフタースクールワイズの理念

アフタースクールワイズは、株式会社エー・アンド・アイが運営しています。株式会社エー・アンド・アイは、Z会通信教育、栄光ゼミナール、シェーン英会話等、さまざまな教育事業を展開するZ会グループの中で、幼児・低学年向けの教育サービス(幼児教室、幼児園、アフタースクール等)を担っています。
Z会グループの理念は、「最高の教育で、未来をひらく。」です。理念は企業の「存在意義」を表したものであり、私たちが帯びている使命を示したものです。そして私たちのあらゆる活動は、すべてこの理念に基づいて行われています。
アフタースクールワイズでは、この理念に基づきお子さまをお預かりさせていただく中で、お子さまにとって最適な「学びと生活の環境」をご提供できるよう、尽力いたします。